法要とは、葬儀のあとで故人の成仏を願う追悼の儀式です。お墓を建てる時期に決まりはなく、一般的に故人の四十九日、百箇日、一周忌、三回忌、新盆、春秋のお彼岸などの法要時に建てられます。

初七日(しょなのか)……………………………7日目(含没日以下同)
二七日(ふたなのか)……………………………14日目
三七日(みなのか)………………………………21日目
四七日(よなのか)………………………………28日目
五七日(いつなのか)……………………………35日目
六七日(むなのか)………………………………42日目
七七日(なななのか)(しじゅうくにち)……49日目
百箇日(ひゃっかにち)…………………………100日目
一周忌(いっしゅうき)…………………………1年目
三回忌(さんかいき)……………………………満2周年
七回忌(しちかいき)……………………………満6周年
十三回忌(じゅうさんかいき)…………………満12周年
二十三回忌(にじゅうさんかいき)……………満22周年
二十七回忌(にじゅうしちかいき)……………満26周年
三十三回忌(さんじゅうさんかいき)…………満32周年
五十回忌(ごじゅっかいき)……………………満49周年
百回忌………………………………………………満99周年

初七日から三十三回忌まで法要を行うのが一般的で、命日に法要を営むことで成仏できると言われています。お彼岸やお盆などの行事も知り、先祖を敬う心を大切にしましょう。


法要に出席する時は不祝儀袋に「御仏前」「御供物料」、あるいは「御香料」と表書きして現金を包みます。卒塔婆を立てて故人を供養したい場合は「御塔婆料」と表書きしたものを施主に渡します。


正しくは盂蘭盆会(うらぼんえ)といい、先祖の霊が戻ってくると日とされています。一般には7月13日がお盆の入り、お盆の明けは16日ですが地方によっては旧暦で数えるところもあります。故人となってから初めて迎えるお盆を新盆(初盆)と言い、手厚く供養するのが昔からの慣わしです。


春と秋、年に2回あるお彼岸は春分の日と秋分の日を挟んでその前後7日間のことを言います。最初の日を「彼岸の入り」、春分・秋分の日を「中日(ちゅうにち)」、最後の日を「彼岸の明け」と呼び、この期間には「彼岸会(ひがんえ)」の仏事が行われます。彼岸の中日には家族そろってお墓参りをし、故人をしのぶのが習慣です。




◆◆BACK◆◆  ◆◆NEXT◆◆